関節の病気カテゴリー一覧

膝 痛み 原因


病気と健康 糖尿病ほかの基礎知識を目差して参考情報を整理しています。病気と健康の基礎知識他を見ていきましょう。関節痛の中でも膝の痛みに多いのは、変形性関節症が原因とされるものが多いようです。
変形性関節症は、膝の軟骨がすり減って骨と骨が直接こすれ会い痛みとなることが原因になります。
またすり減ってかけた軟骨が関節の中にあることも原因となることがあります。
変形性関節症は、間接の軟骨がすり減って、痛みを生じる症状ですが、特に体重がかかる膝に発症することが多く、立ち上がる・歩く等の動作で体重の数倍の荷重がかかるため、膝の痛みの原因として変形性関節症が起こりやすくなっています。
軟骨のすり減りが起こる原因としては、加齢による新陳代謝の低下が上げられています。
早いと40代から発症することもあります。
軟骨の生成を促すものとしてはグルコサミン・コンドロイチン・MSM・コラーゲン・ヒアルロン酸などがあります。
痛みに対してはキャッツクローなども挙げられますが、食事だけで補うのは難しいため、サプリメントの摂取も考えることが必要でしょう。
また、その他の膝の痛みとしては膝反張痛も挙げられますが、原因としては膝関節の反りすぎによるもの又はふくらはぎや、太ももの裏側の筋肉に原因がある場合があります。
これは膝の裏側の傷みとして現れてきます。
幼児の場合は成長痛として間違えてとらえられることがあるため、注意が必要です。
その他に、足の裏のアーチが歩行や走ったりすることで、崩れてくることにより最終的に膝の痛みの原因となる場合があります。
この場合は通常に使用する靴のインナーを適切にすることにより膝の痛みを軽減することができるようになります。
いずれにしろ、膝は歩行に大切ですので傷みがある場合は原因を取り除くようにしていくことが重要です。



病気と健康関連情報の人間ドック情報をまとめています。
なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。
あくまで、参照程度にお願いいたします。

平川病院
〒847-0002
佐賀県唐津市山本644-5
病院・療養所,胃腸科,外科,消化器科,内科,人間ドック,脳神経外科
0955-78-0026

33/23/26.493,129/58/54.999

済生会唐津病院
〒847-0852
佐賀県唐津市元旗町817
病院・療養所,介護老人保健施設,家事支援サービス,ケアハウス,軽費老人ホーム,外科,呼吸器科,呼吸器外科,循環器科,消化器科,神経内科,整形外科,短期入所施設,デイケア,デイサービス,特別養護老人ホーム,内科,人間ドック,脳ドック,放射線科,訪問看護ステーション,訪問入浴介護,訪問リハビリテーション,リハビリテーション科,老人介護支援センター,老人福祉施設
0955-73-3175

酒井医院/ケアマネジメントサービス
〒847-0012
佐賀県唐津市大名小路5-3
医院・診療所,胃腸科,介護相談サービス,肝臓ドック,ケアプラン作成事業,外科,呼吸器科,在宅介護サービス,消化器科,消化器ドック,デイケア,人間ドック,リハビリテーション,リハビリテーション科
0955-72-6992

酒井医院
〒847-0012
佐賀県唐津市大名小路5-3
医院・診療所,胃腸科,介護相談サービス,肝臓ドック,ケアプラン作成事業,外科,在宅介護サービス,消化器科,消化器ドック,デイケア,内科,人間ドック,リハビリテーション,リハビリテーション科
0955-72-5445

唐津赤十字病院
〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子1丁目5-1
眼科,外科,呼吸器科,産婦人科,歯科,歯科口腔外科,耳鼻咽喉科,循環器科,消化器科,小児科,神経内科,整形外科,内科,人間ドック,脳神経外科,脳ドック,泌尿器科,皮膚科,放射線科,麻酔科,リハビリテーション科
0955-72-5111

関節の病気カテゴリー新着記事

腱鞘炎 症状
では、なぜ腱鞘炎では痛みが出るのでしょうか?すじは腱鞘に包まれているのです。この腱鞘に、何らかの理由で炎症が生じること、これが腱鞘炎です。この摩擦によって、腱鞘炎の痛みが出てくるのです。放っておくと、腱鞘炎の部分が腫れてきたりしますので、腱鞘炎の症状かな?

人工股関節
股関節は、大腿骨と寛骨臼とよばれる2つの骨からできています。そのため、人工股関節もおもに2つの部品から成り立っています。現在、日本では、人工股関節手術は年間約6万5,000件ほど行なわれています。

変形性股関節症 リハビリ
変形性股関節症を治療したあとにリハビリが重要です。変形性股関節症にはリハビリによる筋力強化訓練なども効果あります。変形性股関節症のリハビリとして運動療法は、股関節の周囲の筋力を強化することで、股関節の負担を軽減するのが目的となります。

人工股関節 脱臼
人工股関節置換術後における合併症として、最も起こりやすい合併症が脱臼です。人工股関節が脱臼した場合、麻酔をかけて整復します。通常、手術の必要はありません。人工股関節置換術後に脱臼を何度も繰り返す場合は、再度人工股関節の手術が必要になる場合もあります。